1. ホーム
  2. ワキガQ&A
  3. ≫冬の季節のワキガ臭はヤバイの!?

冬の季節のワキガ臭はヤバイの!?

夏の季節よりも冬の季節のワキガ臭は激臭!といった記事を見かけるのですが、本当でしょうか?

冬の方が服装も厚着になりやすく、汗も少ない為、ワキガ臭が他人にバレる可能性は低いと思います。

ワキガの人ならわかるはず、冬の方が精神的に人目を気にしていない生活を遅れていることが。

だって、分厚いアウタージャケットの外にワキガの臭いが突き抜けるとは誰も想像しないでしょ?

中に着るセーター、トレーナー?(服のセンスないからわかんないけど)を着ていて、ワキガ臭が外に漏れ出さない安心感は感じているはずです。

冬にワキガ臭が強くなると言われる理由は?

冬に高濃度ワキガが発生するのは

  • 実は冬の方が体温が高くアポクリン汗腺の汗がでやすい。
  • 服を重ね着するので身体がムレやすい。
  • 汗のニオイ自体が減るのでワキガ臭が目立つ。

この3つの理由が冬にワキガのニオイが半端ないと言われる理由です。

しかし、ワキガの本来の悩みは【人にバレてしまう】といった精神的な部分が悩みですよね。

何枚も重ね着をした場合、ワキガの臭いが人にバレる可能性はかなり低いし、ダウンジャケットを着ているのに脇から臭いが出てくると想像できますか?

さすがに大丈夫でしょう。

しかし、ワキガ臭が首元から抜けてしまう可能性もありますし、どこかのレストランでアウターを脱いで、薄着になった場合はワキガ臭が出てくる可能性は高いです。

 

脇汗が多いと服に浸透しやすく、ワキガ臭が拡散しやすい

皆さんご存知。夏と冬 暑い日と寒い日では汗の量が全然違いますよね。

体温調節で汗がでるわけですけど、その殆どがエクリル汗腺からでる汗なんですよ。

詳しくはコチラ

ワキガの原因であるアポクリン汗腺は年中同じ量を出していると考えて、夏と冬はどちらが汗の量が多いかというと、夏の暑い日です。

暑い日に多く汗として出ているのがワキガとは関係のないエクリル汗腺から汗ですが、その汗が服の素材に浸透する時にアポクリン汗腺の汗も一緒に服に浸透し、一番外側に来ている服にまでアポクリン汗腺の汗が到達するわけですから、ワキガの臭いは外部に拡散されやすくなります。

つまり、汗を多くかく日&薄着になりやすい季節の方がワキガが服から臭いやすく、他人にバレやすいのです。

汗を多くかく時の方がワキガの臭いも薄まってバレにくいんじゃないの?

確かにワキガの原因であるアポクリン汗腺の汗は薄まるでしょう。

しかし、他人にワキガ臭を嗅がれる時は脇に鼻を突っ込んで嗅ぐわけではないですよね。

だいたい、ワキガ臭が空中を漂って、他人の鼻に入り込んでしまうわけです。

冬の厚着をしている状態と、汗でびっしょりの薄着とでは、空気中に流れる可能性が高いのはもちろん、汗でびっしょりの薄着状態です。

その状態が多いときと言えば、暑い夏の季節ではないでしょうか。

つまり、どれだけ強いワキガ臭でも空気中に漂わなければ、まったく気にする必要はない のです。

 

まとめ:冬よりも夏の暑い季節の方がバレやすい。

冬の方がワキガのニオイが強くなるのは、汗の量が少ないけどワキガの原因であるアポクリン汗腺の汗だけが出ているため、脇のニオイレベルが高くなる傾向にあります。

寒い季節だからといって、ずっと厚着のまま過ごすわけではなく、暖かい場所に入ったり、お店に出入りする場合は、コートやジャケット脱ぐケースも多くあるので、ワキガケアを怠るとワキガのニオイはキツくなる一方です。

しかし、他人にバレるといった見方からすれば、冬は安心しやすい時期です。

その理由は厚着をしやすく、脇汗が少なく衣服に浸透しにくい為、衣服の外側までワキガ臭が漏れにくいからです。

 

 

ワキガQ&A コメントなし

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。